佐賀市の歯科医院一般歯科・小児歯科・矯正歯科・インプラント

  • HOME
  • 診療について
  • インプラント
  • 矯正歯科
  • 審美歯科
  • 医院案内

矯正歯科

早期治療のメリットとは?

子供の矯正(早期治療)の最大のメリットは永久歯を抜かないことです。

上下の前歯が永久歯でも横の乳歯が残っていれば、出っ歯や受け口でもほとんどの場合、永久歯を抜かずにきれいな歯並びにすることが可能です。

矯正治療症例

治療前 写真

治療前

治療後 写真

治療後

治療前 写真

治療前

治療後 写真

治療後

小学校1年生の矯正の経過を表したモーフィング動画です。治療前、半年後、1年後と徐々に変化していっているのがわかるかと思います。

高校生の矯正の経過を表したモーフィング動画です。治療前、半年後、1年後と徐々に変化していっているのがわかるかと思います。

悩み別対処法

  • マウスピース
  • ムーシールド
  • リンガルアーチ

上顎前突(出っ歯)

上の前歯が極端に前に突き出ている咬み合せ

<治療法>
当院では、まず弾性のある取り外し可能なマウスピースを使用します。このマウスピースは唇や舌の悪癖を改善し、鼻呼吸を促進します。歯や顎を正常な位置に調整し、舌や唇の機能強化トレーニングに有効です。
日中(夜でも可)1時間と夜間就寝時に装着するだけで、かなりの効果が出るすぐれた装置です。できれば7~8歳ぐらいから、遅くとも9歳から始めるといい結果が出ます。

反対咬合(受け口)

下の前歯が上より前に出ている咬み合わせ

<治療法>
この反対咬合をそのままにしておくと、下顎の骨が過度に成長してしまい切断しなければ治らないこともあります。なるべく早い時期、できれば3~4歳ぐらいから治療を始めた方がよいです。
当院では、反対咬合用機能的矯正装置(ムーシールド)を使用します。プラスティック製の取り外しできるマウスピースです。日中(夜でも可)1時間と夜間就寝時に装着します。舌圧と口唇圧のバランスを整え、舌を正常な位置に導きます。約8ヶ月から1年で前歯は、ほぼ正常な咬み合わせになります。

そう生(がたがたの歯並び)

歯が重なったりしてきれいに並んでいない歯並び

<治療法>
顎が小さいため隙間が不足して歯並びが悪くなっている場合です。顎を成長、拡大させなければなりません。歯の裏に特殊な針金(リンガルアーチ)を取り付けたり、広げるネジを付けた床矯正装置などを使用したりします。マウスピースを併用することもあります。上下の前歯(2~4本)が生えた頃に始めた方が治療効果が高いです。

子供の矯正Q&A

Q1.歯並びを悪くする原因はなんですか?
A1.まず遺伝です。親兄弟と顔や体型が似るように歯並びや咬み合わせも遺伝します。
次に舌や唇などの後天的な要素も影響します。どちらでも治療することは可能です。
Q2.矯正するとどれくらい期間がかかりますか?
A2.早期治療は始める時期にもよりますが、永久歯が生え揃うまでです。
例えば8歳から始めると13歳ぐらいまでの6年ぐらいです。ただし、通院は月に1回ぐらいです。
Q3.金額はどれくらいですか?
A3.マウスピースだけを使う場合は、3~5万円です。
オリジナルの床矯正装置や針金を使用すると上下でさらに約21万必要となります。
  • 治療の進行状態により上記の治療内容が変更になることがあります。
  • ご予約・ご相談は、院内にて受け付けます。
お電話でのご予約・ご相談は0952-29-1551
E-mail
ももたに歯科医院
〒840-0823
佐賀県佐賀市柳町6-6
TEL:0952-29-1551